ワイズ・デジタル・スタジオ(YDS)  
   
   
   
   
   
   
   
   
HOME | LEDエッジパネル商品 | オリジナル商品 | システム開発 | ネットショップ | 販促支援 | マーケティング
| トレーニング | 社会貢献活動 | 会社案内 | BLOG | お問い合わせ
販促支援事業

取り扱い商品
・チラシ・ダイレクトメールの配布地域の選定
・キャンペーン後のレスポンス分析
・店舗出店計画(出店予定地の選定)
・店舗商圏分析
 など

私たちはまず貴社が「お客様を知る」 お手伝いから始めます。

販売促進の費用対効果を高めるためにはデータによる分析は必要不可欠です。
マーケティングの概念としては難しい言葉がありますが、私たちワイズ・デジタル・スタジオでは
明快に「売れる仕組みを作ること」だと考えています。そのためにはまず「お客様を知る」こと
から始めます。 お客様を知るためには貴社(貴店)がお持ちになっているPOSデータや
顧客データを活用すること、エリアの特性を把握することが必要になります。
それらのデータを使いマーケティング分析を行います。 販売促進費の費用対効果を改善するために、
大規模なデータベースを使うなど、いきなり大げさなことをする必要はありません。
まずは手近なところからステップ・バイ ・ステップで仮説と検証を繰り返すテストマーケティングを
行ないます。そこから得られたデータをさらに分析し販促効果を高めていきます。
小さな結果を大切に検証するところから、大きな結果が得られるのです。


顧客分析においては、POSデータや顧客データを用いて、RFM分析やデシル分析を行ない、
「優良顧客化」、「顧客維持」、「離反防止」、「休眠客の掘り起こし」など、具体的なツールまで
落とし込んだ費用対効果の高い販促プランをご提案します。
また新規顧客獲得においては、統計データを使ったエリア分析を行い、無宛名による
ダイレクトメール(郵便事業株式会社の配達地域指定ゆうメール)を使い集客に結び付けます。

エリア・商圏分析の具体的な方法とゆうメール(タウンプラス)については以下の通りです。

 

エリア・商圏分析

タウンプラスの特長